日テレNEWS
経済
2018年7月23日 17:13

日経平均 円高傾向で3週間ぶり300円安

日経平均 円高傾向で3週間ぶり300円安
(c)NNN

7月23日の東京株式市場で日経平均株価は値を下げた。平均株価の終値は先週末比300円89銭安の2万2396円99銭。

アメリカのトランプ大統領が、中国からの輸入品すべてに追加の関税をかける用意があると発言したことを受けて、アメリカと中国の貿易摩擦への懸念が再燃し売り注文が膨らんだ。さらに、円相場が、1ドル110円台後半まで円高傾向がすすんだことで輸出関連株を中心に幅広い銘柄が売られた。300円以上値を下げたのは、今月2日以来、3週間ぶり。

東証1部の売買代金は概算で2兆1640億円。売買高は概算で13億9961万株。