日テレNEWS
経済
2018年9月19日 17:54

日経平均8か月ぶり高値水準2万3672円

日経平均8か月ぶり高値水準2万3672円
(c)NNN

19日の東京株式市場で、日経平均株価は4営業日連続で値を上げ、約8か月ぶりの高値水準となった。日経平均株価の終値は前日比251円98銭高の2万3672円52銭。

前の日の米・ニューヨーク株式市場でダウ平均株価が約8か月ぶりの高値水準となったことなどを受け、19日朝の東京株式市場でも取引開始直後から幅広い銘柄に買い注文がふくらんだ。日経平均株価の上げ幅は、400円以上に広げる場面もあった。

しかし、連日、株価が上昇している反動で利益を確定する目的の売りが出たことから、日経平均株価の上げ幅は取引終了にかけて縮小した。

東証1部の売買代金は、概算で2兆9670億円。東証1部の売買高は、概算で16億235万株。