日テレNEWS
経済
2018年12月21日 12:19

来年度予算案決定 過去最大の100兆円超

来年度予算案決定 過去最大の100兆円超
(c)NNN

政府は過去最大の100兆円を超える来年度予算案を決定した。

来年度の予算案の焦点は、消費増税のショックをいかにやわらげるか。その対策の一つとしてキャッシュレスで決済すると増税後9か月間は5%のポイントが還元される。戸越銀座商店街には、その対象となる店が軒を連ねていて、期待する声の一方、9か月限定だとその後が不安との声も聞かれた。

予算案は初めて100兆円を突破し、101兆4564億円と過去最大となった。このうち消費増税対策は2兆円を超え、ポイント還元に約2800億円、プレミアム付き商品券に1700億円が計上された。予算の3分の1を占める社会保障費は34兆600億円程度、防衛費も約5兆2600億円といずれも過去最大。

歳入では、税収は過去最高の62兆5000億円程度の見込み。借金にあたる国債の新規発行額は、今年度より1兆円少ない32兆6600億円程度だが、国の財布の3分の1を借金に頼る厳しい状況。

目先の増税対策で歳出が膨らんだ平成最後の予算案、将来世代を見据えた内容となっているか厳しいチェックの目が必要。