日テレNEWS
経済
2018年12月27日 8:52

NYダウ反発 史上初1000ドル超上げる

26日のニューヨーク株式市場は、このところの急落から一転、大幅に反発し、ダウ平均株価の上げ幅は史上初めて1000ドルを超えて取引を終えている。

26日のニューヨーク株式市場でダウ平均株価は、前の営業日の終値から1086ドル25セント値を上げ、2万2878ドル45セントで取引を終えた。また、ハイテク株が中心のナスダック総合指数も361ポイントあまり上げて、6554.36で取引を終えている。

ダウ平均は、クリスマス休場前の24日までに4営業日連続で急落し、下げ幅が1880ドルを超えていたため、この日は、割安感から買い戻しの動きが広がった。また、年末商戦が好調だったことが伝えられたこともあり、小売り関連株を中心に、幅広い銘柄で大幅に買われ、史上初めて上げ幅が1000ドルを超えて取引を終えている。

市場関係者は「政府機関の一部閉鎖は続くなど、良い材料に乏しい状態。年末で市場参加者も少ないため、先行きは不透明な面もある」と話している。