日テレNEWS
経済
2019年3月13日 7:21

「ボーイング株」大幅続落 ダウ96ドル安

12日のニューヨーク株式市場は前の日に続き航空機大手「ボーイング」が大幅に下落し、ダウ平均を押し下げた。

12日のニューヨーク株式市場でダウ平均株価は、前の日の終値から96ドル22セント値を下げ、2万5554ドル66セントで取引を終えた。一方、ハイテク株が中心のナスダック総合指数は、32.97ポイント上げて7591.03で取引を終えている。

この日は、前の日に続き航空機大手「ボーイング」が大幅に売られる展開となった。旅客機墜落事故を受け、新たにイギリスやドイツなども同型機の運航を禁止すると伝えられたことでボーイングが大幅に下落し、1銘柄でダウ平均を170ドル近く押し下げた。

一方、アップルやマイクロソフトなど主力のハイテク株は堅調で、ナスダック総合指数は続伸して取引を終えている。

市場関係者は「この日の市場は昨日に続き、ボーイング1社に左右される展開だった。各国の対応の広がりや事故原因の究明などが市場の材料となる展開がしばらく続くだろう」と話している。