日テレNEWS
経済
2019年4月24日 16:00

日経平均59円高 一時高騰も利益確定売り

日経平均59円高 一時高騰も利益確定売り
(c)NNN

24日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに値を下げた。

日経平均株価の終値は前日比59円74銭安の2万2200円。前日のアメリカ・ニューヨーク株式市場でダウ平均株価が大きく上昇、ハイテク株が中心のナスダック総合指数は、約8か月ぶりに過去最高値を更新した。

この流れを受けて24日朝の東京株式市場でも取引開始直後は買い注文が優勢となり、日経平均株価は、17日につけた年初来高値を上回る場面もあった。しかし、その後は10連休や決算発表などを控えて当面の利益を確定する目的の売り注文が広がった。

また、中国・上海市場で株価が値を下げたことも東京市場の株価を下げる要因となった。

東証1部の売買代金は、概算で2兆3229億円、売買高は概算で12億1358万株。