日テレNEWS
経済
2019年7月2日 15:04

食欲減?ソフトクリームあえて青×黒のワケ

食欲減?ソフトクリームあえて青×黒のワケ
(c)NNN

SNSでの宣伝効果を狙って見た目のインパクトを重視する食品が増えている中、青くて黒いソフトクリームが登場する。

アイスの開発を手がける「マッシュアップ」が開発したのは、クリーム部分は青でコーン部分は黒というソフトクリーム。クリームの青色は藻の一種であるスーパーフード「スピルリナ」で、コーンの黒色は竹炭で着色していて、いずれも人工の着色料は使用していないという。

一般的に青は、食欲を減退させる色とされ飲食業界では避けられがちだったが、最近はSNSで話題になることを狙ってあえて青い食品を開発する企業も増えている。

販売元では、これまで青いアイスキャンディーを販売していたが、さらなる“SNS映え”を狙ってこのソフトクリームを開発。「ソフトクリームの日」である3日から、都内の「スーパー アイス クレマリー」の店舗で販売するという。