日テレNEWS
経済
2019年10月12日 12:08

【台風】経産省が最大360台の電源車配備

台風19号の接近を受け、経済産業省は12日から災害対策準備室を設置し、最大で360台の電源車を配備する。

経済産業省は12日から災害対策準備室を設置し、ツイッターで情報を発信している。停電にそなえて車のガソリンや非常用発電機の燃料を満タンにしておくことや、強風によって飛ばされたものが電線などに接触すると停電の原因になることから、看板やシートなど飛ばされやすいものをしっかり固定するなどの対策をとるよう呼びかけている。

また、停電対策のため、東京電力が保有している160台の電源車に九州電力や中国電力などからのおよそ20台を合わせ、最大で360台の電源車を配備するという。