日テレNEWS
経済
2019年11月21日 16:01

みずほなど SBGに3000億円融資協議

みずほなど SBGに3000億円融資協議
(c)NNN

海外の投資先の経営悪化などで巨額の損失が発生したソフトバンクグループに対し、みずほ銀行など大手メガバンクが3000億円規模の融資について協議をしていることがわかった。

ソフトバンクグループは、投資事業に力を入れているが投資先であるアメリカのシェアオフィス大手「ウィーワーク」の経営悪化で巨額の損失が発生している。

こうした中、関係者によると主力取引先のみずほ銀行など大手メガバンクはソフトバンクグループと3000億円規模の融資について協議を進めていることがわかった。

ソフトバンクはウィーワークに対し、追加の資金投入を決めていて、6800億円の資金需要が発生する可能性があり、融資はこれに充てるとみられている。

しかし、銀行の一部はこれ以上のリスクをとれるかどうか慎重に検討しているという。取材に対しソフトバンクグループは「手元資金とのバランスを見ながら柔軟に検討していく予定。選択肢のひとつであり現時点で何ら確定したものはない。」とコメントしている。