日テレNEWS
経済
2019年12月12日 14:47

「恵方巻き」早くも商品発表会 なぜ?

「恵方巻き」早くも商品発表会 なぜ?
(c)NNN

2月の節分に食べると縁起がよいとされる「恵方巻き」。今回は、ある理由で早くも商品発表会が行われた。

大手スーパーの「イオン」が12日に発表したのは、来年の節分に販売する恵方巻き。具材に黒毛和牛や野菜を使ったものや、糖質を抑えたものなど、約30種類の商品が並んだ。また、食べやすいハーフサイズも10種類増やし、販売の拡大を狙う。

恵方巻きをめぐっては、これまで大量の売れ残りが廃棄されることが社会問題になっていて、商品を作りすぎないよう、早く予約すればお買い得になる「早特価格」を今年から導入し、受け付けの時期も例年より約2週間、前倒しした。

廃棄率については、前年の半分以下を目指すとしている。