日テレNEWS
経済
2022年2月8日 22:39

熊本県知事、農水相に対策を求める要望書 アサリ産地偽装

熊本県知事、農水相に対策を求める要望書 アサリ産地偽装

熊本県産として販売されていたアサリのうち、97%が外国産だった問題で、蒲島熊本県知事は8日、金子農水相に、対策を求める要望書を提出しました。

蒲島熊本県知事は要望書に「産地偽装は消費者に対する背信行為で、食料安全保障を脅かす極めて重大な問題だ」と訴え、政府に、アサリの産地偽装の根絶に向けた取り組みでの連携を求めました。

具体的には、国に対して、流通経路を把握する調査の実施を行い、違反事業者には厳罰を科すことや、漁獲から流通、販売まで一貫して原産地を的確に把握できるような制度を構築することなどを要請しました。

熊本県では8日から2か月間、アサリの出荷を停止しており、この間にルールを整備したいとしています。