日テレNEWS
経済
2020年3月12日 18:32

日経平均、2年11か月ぶり1万9千円割れ

日経平均、2年11か月ぶり1万9千円割れ
(c)NNN

12日の東京市場は2年11か月ぶりに大きく値を下げた。

12日の東京株式市場は2年11か月ぶりに1万9000円を割り込んで取引を終えた。アメリカのトランプ大統領がヨーロッパからの渡航制限を発表したため、株価は一時、1000円を超える下げ幅となった。

市場関係者は「欧米間の人の流れが分断されることで、世界全体の経済活動が鈍くなる恐れがある」と警戒感を強めている。