日テレNEWS
経済
2020年4月15日 1:43

G7財務相 国際的な新型コロナ対応策議論

G7財務相 国際的な新型コロナ対応策議論
(c)NNN

G7(=主要7か国)の財務大臣と中央銀行総裁は14日夜、テレビ会議を行い、新型コロナウイルスの国際的な感染拡大への対応策について話し合いました。

麻生財務相「経済活動への影響を可能なかぎり緩和しつつ、その後の力強い回復の基盤を整えておくことが重要。そのためにG7各国で引き続き足並みをそろえて対応していく」

会議では、新型コロナウイルスが世界経済に及ぼしている深刻な影響をふまえ、各国が協調して雇用対策や金融・財政政策を総動員することで早期収拾に取り組んでいくことを確認しました。

また、医療体制が整っていない開発途上国での感染拡大が世界経済回復のリスクになるとして、こうした国への融資制度の拡充や債務の返済猶予などの支援策も話し合われました。

15日は、こうした国への貸し付けが多い中国を含む20か国・地域で話し合い、共同声明を出す予定です。