日テレNEWS
経済
2020年8月6日 22:56

トヨタ営業利益98%減も139億円の黒字

トヨタ営業利益98%減も139億円の黒字
(c)NNN

トヨタ自動車は今年4月から6月までの決算で、営業利益が前の年に比べて98%ほど落ち込んだものの、139億円の黒字を確保したと発表しました。

トヨタの今年4月から6月までの3か月間の業績は売り上げが4兆6000億円で、前の年と同じ時期に比べて4割ほど減少しました。また、本業のもうけを示す営業利益も98%減の139億円と大きく落ち込みました。

新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、アメリカやヨーロッパを中心に販売が低迷した一方で、生産現場では原価の抑制や費用の削減を進めたことから、かろうじて黒字を確保した形です。

今年度の見通しについては、中国で大規模な感染拡大が抑え込まれているため販売台数が予想より速く回復していることから、グループ全体の販売台数の計画を890万台から910万台に引き上げました。

今後も感染拡大のリスクがあることから、年間の営業利益は5000億円と5月に発表した見通しから変更しませんでしたが、これまで未定としていた最終利益については7300億円の黒字を見込んでいると発表しました。