日テレNEWS
経済
2020年10月2日 17:12

売買停止から一夜…日経平均155円安

売買停止から一夜…日経平均155円安
(c)NNN

システム障害による売買停止から一夜明けた10月2日の東京証券取引所で、日経平均株価は9月30日の終値を10月1日の終値と認定した上で、155円22銭安い2万3029円90銭で取引を終えました。

東京証券取引所では2日朝、通常通り取引を再開し、午前中は前日のアメリカ・ニューヨーク市場の上昇を受けてプラスで推移するなど、売買停止の影響は限定的でした。上げ幅は200円近くまで広がる場面もありました。

しかし、午後に入り、アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスに感染したことが報じられると、株価は値幅にして300円近く急落。市場にはアメリカの政局の先行き不透明感が広がり、円高・ドル安も進みました。

東証1部の売買代金は概算で2兆8642億円、売買高は概算で14億8464万株。