日テレNEWS
経済
2020年10月5日 16:52

日経平均反発 米大統領“退院見通し”で

日経平均反発 米大統領“退院見通し”で
(c)NNN

10月5日の東京株式市場で日経平均株価は値を上げた。平均株価の終値は、先週末に比べて282円24銭高い2万3312円14銭。

新型コロナウイルスに感染し入院しているアメリカのトランプ大統領の病状をめぐり、医師団が、早ければ現地時間の5日にも退院できるとの見通しを示したことから、5日朝の東京市場では投資家の不安がやや後退し、多くの銘柄に買い注文がふくらんだ。平均株価の上げ幅は、一時、347円まで広がったが、上昇した反動で当面の利益を確定する目的の売り注文も入り、次第に縮小して5日の取引を終えた。

東証1部の売買代金は、概算で2兆711億円。東証1部の売買高は、概算で10億4647万株。