日テレNEWS
経済
2021年1月25日 16:21

190円高 1990年8月以来の高値水準

190円高 1990年8月以来の高値水準
(c)NNN

25日の東京株式市場で日経平均株価は値を上げました。終値は、先週末比190円84銭高の2万8822円29銭でした。

21日につけた年初来高値を更新し、1990年8月以来の高値水準になりました。今週から企業の決算発表が本格化するため、東京株式市場では、業績に期待ができる企業などに買い注文が広がりました。

また、ダウ平均の先物が上昇したことなども、買い注文がさらに広がる要因になりました。

東証1部の売買代金は、概算で2兆1050億円。売買高は、概算で10億1645万株。