日テレNEWS
経済
2021年4月23日 23:23

ホンダ 2040年に全てEV・FCVへ

ホンダ 2040年に全てEV・FCVへ
(c)NNN

自動車メーカーのホンダは国内メーカーで初めて、2040年に販売する全てのクルマを走行時にCO2を排出させない電気自動車や燃料電池車にすると発表しました。

ホンダ・三部敏宏社長
 「自動車メーカーとしては、まず“Tank to Wheel(走行時のCO2排出)”でのカーボンフリーを達成することが責務というふうに考えています。先進国全体でEV・FCV(電気自動車・燃料電池車)の販売比率を2030年に40%、2035年には80%、そして2040年にはグローバルで100%を目指します」

 「これはチャレンジングな目標であり、その達成には開発から生産販売までバリューチェーン全体での対応が必要となる」

今月就任したホンダの三部社長は会見で、カーボンニュートラルへの取り組みについて、2040年には世界で販売する全てのクルマをCO2を排出させずにモーターだけで動く電気自動車または燃料電池車にしていくと発表しました。

また、日本市場では2024年に電気軽自動車を投入し、2030年までには発売する全てのクルマをハイブリッド車含む電動車にした上で、2040年にはハイブリッド車の販売をやめるとしています。

ハイブリッド車を含めたガソリンエンジンを使うクルマをなくす方針を打ち出したのは、国内メーカーでは初めてです。

さらに、一度の充電で長距離が走行可能なバッテリーである「全固体電池」の研究をすすめ、2020年代後半に発売される新型モデルのバッテリーへの採用を目指すということです。

一方、二輪事業について、2024年までにバイクや原付などで3機種の新型EVの市販車を投入する予定だと明かしました。ホンダは、今後6年間で研究開発費に5兆円を投入し、他社との提携を含めたデジタル技術の向上などを目指していくとしています。