日テレNEWS
経済
2021年8月27日 21:02

日経平均反落 カブールでの爆発も要因に

日経平均反落 カブールでの爆発も要因に
(c)NNN

27日の東京株式市場で、日経平均株価は値を下げました。26日の終値に比べて、101円15銭安い、2万7641円14銭でした。

前の日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価が値を下げた流れを受けて、東京市場でも売り注文が膨らみました。また、アフガニスタンの首都カブールの空港近くで爆発が起きたことなども、株価を下げる要因となり、日経平均株価の下げ幅は、一時250円以上となりました。

市場関係者からは、「アメリカで、FRB(=連邦準備制度理事会)のパウエル議長の講演が予定されているため、その発言内容を見極めようと、様子見ムードが強くなっている」という声も聞かれました。

東証1部の売買代金は概算で2兆1135億円。東証1部の売買高は概算で8億6985万株。