×

  • 日テレNEWS NNN
  • 経済
  • 【持続可能な林業を考える伐採搬出・再造林サミット】会津美里町で全国から約180人参加

【持続可能な林業を考える伐採搬出・再造林サミット】会津美里町で全国から約180人参加

2024年2月10日 12:38
【持続可能な林業を考える伐採搬出・再造林サミット】会津美里町で全国から約180人参加

全国の林業に関わる人が森林資源の有効活用を考えるサミットが、2月9日会津美里町で開かれました。

この大会は、森林を守るための伐採方法やルールを共有し、森の再生を考えようと開かれ、全国から約180人の林業関係者が参加しました。

福島県素材生産協同組合の渡辺 一也理事長は、「原発事故の影響で苦しんできた福島のイメージアップに取り組みたい」と挨拶しました。
そして元林野庁長官の本郷浩二さんが、林業が苦境に立つ原因や改善策について講演しました。

■全国木材組合連合会・本郷浩二副会長(元林野庁長官)
「資源を使って、その資源で収入を得て回していこうということを考えました」

参加者は持続可能な林業の実現にむけ意見を交わしました。

福島中央テレビのニュース