日テレNEWS
国際
2022年1月4日 21:17

新規感染20万人超で“規制強化”フランス

連日、20万人の感染者が出ているフランスは、テレワークの義務づけなど、規制の強化に乗り出しています。

   ◇

1000万人以上が感染したフランス。1日の感染者が20万人を超える日が続くなど、感染拡大に歯止めがかからない状況となっています。(感染者 1042万2873人 死者 12万5200人 米ジョンズ・ホプキンス大 4日午後5時時点)

こうした状況を受け、フランス政府は規制を強化しました。

記者(フランス・パリ郊外)
「フランスでは今日から仕事始めなんですが、テレワークが義務化されたこともあり、こちらのオフィス街は閑散としています」

3日から、対応可能な業種の企業に対し、週3日以上のテレワークが義務づけられました。また、バーなどでの立ち飲みのほか、映画館や長距離列車などでの飲食が禁止されています。

街の人
「安全面においてとても良いことだと思います。公共交通機関を避けるためにも、定期的にテレワークする方がいいですよね」

その一方で、感染者の隔離期間は、ワクチン接種を完了している人については10日間から7日間に短縮。オミクロン株の感染拡大で出勤できない人が急増し、経済がマヒするのを防ぐためだとしています。