日テレNEWS
国際
2010年1月15日 13:28

金融大手に「責任税」~米・オバマ大統領

 アメリカ・オバマ大統領は14日、銀行などへの公的資金注入による損失を穴埋めするため、大手金融機関に「責任税」を課すと発表した。

 責任税の対象になるのは金融機関約50社で、企業の資産規模に応じて課金額が決まる。オバマ大統領はこの税の導入により、銀行や自動車メーカーへの公的資金注入で生まれる損失10兆円以上を穴埋めしたい考え。

 一部の金融機関が役員に対する巨額のボーナスを復活させたことで批判が強まっていることから、国民感情に配慮し、金融機関に対して厳しい姿勢を示した形。