日テレNEWS
国際
2010年1月18日 12:33

スラム街で500棟全焼 フィリピン

 フィリピンの首都・マニラにあるスラム街・バセコで16日、大規模な火災が発生し、AP通信によると、約500棟が全焼した。この火災で5歳の女児が死亡、約4000人の住民が避難生活をしている。

 この地域は住宅が密集していて火が燃え広がりやすく、04年の火災では2万5000人が家をなくしている。