日テレNEWS
国際
2010年3月11日 15:56

朝青龍が帰国「急いで帰ってきました」

 大相撲の元横綱・朝青龍が日本時間11日午後、故郷のモンゴルに到着した。引退してから初めての帰国となる。

 日本時間11日午前9時過ぎ、黒いサングラスをかけて経由地である北京空港に姿を現した朝青龍は、集まった報道陣に「モンゴルに行くのか」と声をかけたものの、問いかけに対しては何も答えなかった。引退から初めての帰国を前に、朝青龍は機内でも終始リラックスした様子だった。

 日本時間11日午後1時前にモンゴルに到着した朝青龍は、空港内で民族衣装に着替え、VIPゲートから故郷に降り立った。空港でファンから大歓迎を受けた朝青龍は記者会見を行い、「無事帰ってきました。25回優勝しました。モンゴル、いとしかったです。同じ血の流れるモンゴル人の元に帰ってきました。引退式の準備がいろいろありますが、急いで帰ってきました」と述べた。

 朝青龍は、12日に中心部の広場でファンへの報告会を行う予定。