日テレNEWS
国際
2010年5月18日 20:20

日本人建築家2人に「建築界のノーベル賞」

 「建築界のノーベル賞」と呼ばれるプリツカー賞の授賞式が17日、アメリカ・ニューヨークで行われ、日本人建築家2人が日本人として15年ぶりに受賞した。

 プリツカー賞を受賞した妹島和世さんと西沢立衛さんは、石川・金沢市の「金沢21世紀美術館」や東京・渋谷区にある「クリスチャンディオール」のビルなどを手掛けた。

 受賞理由は「優しさと穏やかさ」「環境に対する鋭い理解」で、いずれの点も高く評価された。