日テレNEWS
国際
2010年5月19日 11:25

治安部隊が強制排除、デモ隊応戦か タイ

 騒乱が続くタイ・バンコクで19日朝、占拠を続ける反政府デモ隊に対し、治安部隊が強制排除に乗り出し、緊迫した状態となっている。

 日本時間19日午前5時ごろから、多くの治安部隊の隊員と装甲車が、デモ隊が占拠を続ける地域の周辺に集結し始めた。治安部隊はデモ隊に占拠地域から出るように警告した後、放水銃や催涙ガスを使用して強制排除に乗り出した。デモ隊は応戦しているもようで、爆音が響いている。

 13日に衝突が始まり、死傷者が300人を超えている騒乱は、これまでで最も緊迫した状態となっている。

 治安状況の悪化を受けて、現地駐在員の家族を日本に帰す日系企業も出始めており、バンコクのスワンナプーム国際空港では19日朝も帰国する家族の姿が見られた。日本人学校は今週いっぱいの休校が決まっており、在留邦人にも影響が広がっている。