日テレNEWS
国際
2010年5月20日 14:05

北朝鮮は「ねつ造」と主張 韓国の対応は?

 兵士46人が犠牲となった今年3月の韓国海軍哨戒艦沈没事件について、韓国政府は20日、「沈没は北朝鮮の魚雷攻撃によるものだった」と発表した。この結論を受けて、韓国政府はどのような対応をとるのだろうか。

 李明博大統領は、21日に国家安全保障会議を招集し、週明けにも対応策を発表するとみられるが、北朝鮮との協力事業を縮小することなどが盛り込まれる可能性がある。また、事件が起きた海域などで軍の配備を強化し、アメリカと協力して軍事演習などを行うことも検討している。これは、アメリカとの平和協定を望む北朝鮮に心理的な圧力を与えることになる。さらに、国連安全保障理事会で取り上げるなど国際的な働きかけを強めたい考え。

 一方の北朝鮮は、調査団の結果発表が行われている最中という極めて異例の早さで反応した。最高指導機関である国防委員会が国営メディアを通じて声明を発表し、「ねつ造だ」と主張した。そして、北朝鮮から代表団を派遣するので証拠を見せるよう要求している。さらに、制裁を行うなら「全面戦争を含む強硬措置をとる」と警告している。朝鮮半島情勢は一気に緊迫の度を高めることになりそうだ。