日テレNEWS
国際
2010年5月28日 2:33

W杯ドイツ代表の宿舎が違法建築、対応協議

 「2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ」の開幕まで約2週間となったが、ドイツ代表チームの宿舎が違法建築であることがわかり、FIFAなどが対応を協議している。

 FIFAなどによると、問題となっているのは首都・プレトリア近郊にある「ベルモア・ホテル」。ここには、来月7日からドイツ代表チームが宿泊する予定だが、04年の建築の際に正式な許可を得ていなかったことがわかった。地元紙によると、ホテルのオーナーは建築許可証がないことを認めた上で、「なかなか認可が下りなかったので建設を始めた。しかし、それは地元政府も認識している」と話している。

 現在、FIFAとホテル側をはじめ関係者が安全性について協議を重ねていて、近く結論を出す見通し。しかし、ドイツのメディアは「ホテルが違法建築である以上、治安当局による警備もされないということだ」などと指摘している。