日テレNEWS
国際
2010年6月3日 8:00

日米の同盟関係に変化はない~米国務次官補

 鳩山首相の辞意表明について、アメリカ国務省・クローリー次官補は2日、「日本の新首相と幅広い課題について緊密に連携していく」と述べ、リーダーが代わっても日米の同盟関係に変化はないと強調した。

 また、アメリカ軍普天間基地の移設問題については、先月末の日米合意が「最善だ」として、新政権に対して合意を履行するよう求めた。