日テレNEWS
国際
2010年6月18日 8:38

米公聴会 石油会社CEOに批判相次ぐ

 メキシコ湾の原油流出事故についてアメリカ議会で17日に公聴会が開かれ、石油会社「BP」のトップに批判が相次いだ。

 17日午前に始まった公聴会には、BP・ヘイワードCEO(=最高経営責任者)が出席した。公聴会の冒頭、BPに抗議する人が会場内で大声を上げ、取り押さえられる一幕もあった。

 スチューパック議員「コスト削減や時間節約のため、BPは安全性を置き去りにした」

 ヘイワードCEO「今回の原油流出事故について、深くおわびします」

 議員の追及に対し、ヘイワードCEOは謝罪するとともに、被害を受けた業者らの補償のために全力で取り組む考えを強調した。一方で、事故原因については「まだ調査中だ」として明確には答えなかった。