×

日テレNEWS NNN|日本テレビ系NNN30局のニュースサイト

警察庁幹部ら、中国のギョーザ工場を視察

2010年7月15日 2:09
警察庁幹部ら、中国のギョーザ工場を視察

 中国製冷凍ギョーザによる薬物中毒事件で、日本の警察庁幹部らが14日、中国の事件現場を視察し、「捜査は容疑者の起訴に向けて着実に進んでいる」と話した。

 警察庁や千葉県警、兵庫県警の捜査員らは、中国の捜査当局から説明を受けながら、河北省にある製造元「天洋食品」の工場で、殺虫剤成分「メタミドホス」が混入されたとみられる場所や、犯行に使われた注射器を捨てたとされる排水溝を見て回った。

 警察庁・神山憲一審議官は「中国側の説明は合理的なもので、証拠に基づく捜査が丁寧に行われていると(いう印象)。起訴に向けて捜査が着実に進んでいるという感想です」と話した。

 また、中国側の説明では、容疑者の供述はこれまでと変わらないという。