日テレNEWS
国際
2010年7月26日 1:18

原因不明のまま…氷河特急が全線で運行再開

 スイス南部・フィーシュで観光列車「氷河特急」が脱線し、日本人女性1人が死亡、多数のケガ人が出た事故から2日が過ぎた25日、事故原因はいまだ不明のまま、事故現場も含む全線で運行を再開した。

 氷河特急の発着駅のスイス南部・ツェルマットでは、25日午前9時の始発から全線での運行を再開した。事故原因が不明のままの再開で心配がないかについて、鉄道会社の社長は「毎日、満席です。利用客のニーズに応えていかなくては」と話した。

 列車が再開する一方で、事故で死亡した日本人女性の遺族が25日、スイスに到着した。無言の母と対面するとともに同じく事故で重傷を負った父親を病院に見舞った。父親の退院を待って帰国したいという。