日テレNEWS
国際
2010年8月10日 19:01

日韓併合100年の首相談話、韓国は歓迎

 政府は10日午前、日韓併合100年にあわせた首相談話を閣議決定した。過去の植民地支配に対する「痛切な反省と心からのおわび」が盛り込まれていて、韓国政府はこれを歓迎している。

 外交通商省・金英善報道官は10日午後2時ごろの会見で、「不幸な過去の歴史を克服し、未来の明るい日韓関係を切り開いていこうとする菅首相と日本政府の意思として受け入れる」と述べた。

 韓国国内では、菅首相が「植民地支配が韓国人の意思に反して行われた」と表明したことについて、「日韓併合が強制的に行われたことを間接的に認めたもので、これまでより一歩前進した」と評価する声が上がっている。