日テレNEWS
国際
2010年9月23日 0:36

FRB 一層の金融緩和に踏み切る可能性

 アメリカの連邦準備制度理事会(FRB)は21日、公開市場委員会を開き、事実上のゼロ金利政策の維持を決めた。その上で、「必要なら追加的な緩和を行う用意がある」との声明を発表し、今後の景気次第で、一層の金融緩和に踏み切る可能性を示した。

 このため、21日のニューヨーク株式市場のダウ平均株価は、景気が下支えされるとの期待感から値を上げた。