日テレNEWS
国際
2010年10月8日 8:26

米国のアフガン軍事作戦、10年目に

 アメリカがアフガニスタンへの軍事作戦を始めてから10年目に入る。作戦が継続する中、隣国・パキスタンでも不安定な状況が続いている。

 アフガニスタンとの国境に近いパキスタン西部で6日、アフガニスタンで展開する多国籍軍用の補給物資の車列に対し、武装勢力が火を付け、最大で40台のタンクローリーなどが燃えた。また、運転手1人が銃撃されて死亡した。

 パキスタンでは、アメリカ軍が先月30日、誤ってパキスタン軍の兵士2人を死亡させる事故があり、緊張が高まっている。パキスタン当局は、安全上の懸念があるとして、補給物資を積んだ多国籍軍のトラックの通行を停止させる中、アフガニスタンの反政府組織「タリバン」が国境をまたいで動きを活発化させている。