日テレNEWS
国際
2010年10月23日 1:02

貿易の経常収支に数値目標 G20で議論

 韓国・慶州で22日に20か国・地域(=G20)財務相・中央銀行総裁会議が始まり、アメリカから、各国が海外から稼ぐ金に数値目標を設ける提案が出された。

 G20では、アメリカと議長国である韓国からの提案で、輸出入の額を基にした経常赤字や経常黒字をGDP(=国内総生産)に対して4%以内に抑えるという数値目標の導入について議論された。貿易赤字などが膨らみ過ぎると、金融危機の連鎖などの恐れもあることから、格差を縮めようという理屈に基づくもの。しかし、背景には、人民元を実態よりも低く抑えながら輸出を行い、大きな経常黒字を出している中国に為替レートを切り上げさせたい考えも見え隠れする。

 数値目標を設けることには、日本を含めてほかの国からも消極的な意見が出ており、どこまで具体的な合意が取りつけられるのかが23日の焦点となる。