日テレNEWS
国際
2010年12月8日 0:03

中国外務省、「対話による問題解決」を強調

 北朝鮮が韓国・延坪島を砲撃して朝鮮半島の緊張が高まる中、中国外務省は7日、「対話による問題解決」を強調し、中国が呼びかけた6か国による緊急会合に積極的に応じるよう、日米韓に強く求めた。

 中国が提案した6か国協議の首席代表による緊急会合について、姜瑜外務報道官は7日、「対話は、核問題を解決し、朝鮮半島の平和と安定を実現する唯一の正しい道だ」として、「対話による問題解決」を訴えた。その上で、「関係各国の理解と支持を期待している」と述べ、積極的に応じるようあらためて強く求めた。

 さらに、日米韓が共同声明で北朝鮮への影響力行使を中国に求めていることについて、「中国は、朝鮮半島の安定に建設的な役割を果たしている」と強調した。