日テレNEWS
国際
2010年12月30日 8:41

NY株小幅続伸、2年4か月ぶり高値更新

 29日のアメリカ・ニューヨーク株式市場は、年末で商いが少ない中も好調な消費などを背景に景気回復への期待感から株が買われた。ダウ平均株価終値は前日比9ドル84セント高い1万1585ドル38セントと、前日に続いて2年4か月ぶりの高値を更新した。また、ハイテク株中心のナスダック総合指数も前日比4.05ポイント高の2666.93だった。

 ニューヨーク外国為替市場では、再びドル安が進んでおり、割安感から原油先物相場なども堅調に推移している。このため、エネルギー株を中心に株が買われた。個別銘柄では、「シェブロン」や「ノーブルエナジー」が値を上げた。また、中国が来年のレアアースの輸出枠削減を発表したことを受けて、アメリカでレアアースを生産している「モリコープ」の株価は約7%上昇した。