日テレNEWS
国際
2011年1月11日 16:35

米原子力空母が韓国入港 北朝鮮をけん制か

 アメリカ軍の原子力空母「カール・ビンソン」が11日、韓国・釜山に入港し、内部が報道陣に公開された。存在感を示すことで北朝鮮をけん制する狙いがあるものとみられる。

 カール・ビンソンは日本近海で自衛隊との訓練を行った後、11日午前、釜山の韓国軍基地に入港した。カール・ビンソンは、神奈川・横須賀基地を母港とする原子力空母「ジョージ・ワシントン」が定期整備に入ったため、代わりに派遣された。この地域に空母を切れ目なく投入し、存在感を示すことで北朝鮮や中国をけん制する狙いがあるものとみられる。

 カール・ビンソンは今後、韓国軍とも共同で訓練を行う予定。