日テレNEWS
国際
2011年2月6日 2:27

「新START」発行、米露が批准書交換

 アメリカ・クリントン国務長官とロシア・ラブロフ外相が5日、新しい戦略兵器削減条約「新START」の批准書を交換し、条約が発効した。米露両国は7年間で戦略核弾頭を3割削減し、上限を1550発とする他、弾道ミサイルなどの運搬手段も制限される。

 クリントン国務長官は「核のボタンを永遠に押さないための一歩だ」と条約の意義を強調した。