日テレNEWS
国際
2011年2月16日 18:46

米国でも…金総書記誕生日で様々な祝賀行事

 北朝鮮・金正日総書記が16日、69歳の誕生日を迎え、様々な祝賀行事が催された。

 朝から祝賀ムードを盛り上げた北朝鮮の国営テレビでは、16日午後2時過ぎから金総書記が人民軍を指導する内容の記録映画が放送された。また、金総書記の三男・正恩氏(28)が、金総書記と共に視察する様子が放送された。軍の視察ばかりを集めた記録映画を放送するのは極めて異例で、金総書記の誕生日に放送することで国内外に後継を強くアピールする狙いがあるとみられる。

 また、アメリカ・ニューヨークで15日、北朝鮮の国連代表部が金総書記の誕生日を祝うパーティーを開いた。中国やベネズエラなどの国連大使が招待され、キムチをはじめとする朝鮮料理が振る舞われたという。

 一方、韓国・ソウルでは16日、打倒金政権を訴えるデモが行われた。また、軍事境界線の近くでは、韓国の国会議員らが風船につけた10万枚のビラを北朝鮮へ飛ばした。ビラには北朝鮮の体制を批判する内容が書かれているという。