日テレNEWS
国際
2011年2月20日 2:17

G20、食料高騰の原因究明で作業部会設置

 フランス・パリで開かれていた20か国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は19日、閉幕した。世界的な食料価格の高騰については、原因究明に取り組むことなどで一致した。

 会議には野田財務相らが出席し、2日にわたって開かれた。世界的に問題となっている食料価格の高騰については、作業部会を設置して原因究明にあたる他、投機マネーの流れなど商品市場の透明性を図ることで一致した。

 また、会議では、中国など経常黒字の国とアメリカなど赤字の国との「不均衡」を是正するため、その不均衡の度合いを測るガイドラインが焦点となっていた。中国などの新興国と先進国との間で調整が難航していたが、結局、4つの経済指標を採用することで合意した。