日テレNEWS
国際
2011年2月23日 20:28

砲撃から3か月 延坪島に住民の約6割戻る

 韓国・延坪島が北朝鮮の砲撃を受けてから、23日で3か月となった。住民の約6割が避難先から島に戻り、仮設住宅などでの生活を始めている。

 「危険な島」というイメージから観光業への打撃を心配する声もあり、砲撃は現在も住民生活に影を落としている。