日テレNEWS
国際
2011年3月31日 13:46

米国、原発事故現場での作業用ロボット提供

 アメリカ・エネルギー省は、福島第一原発の事故現場で作業に当たるロボットを、30日までに日本に向けて送ったと明らかにした。

 エネルギー省によると、日本に提供されるのは「キネティック」のロボット「タイロン」と強い放射線の中でも撮影が可能なカメラ数台。「タイロン」は遠隔操作が可能で、放射線量が多いため人間が近づくことができない場所で放射線の測定やデータ作成に使用されるという。

 エネルギー省は、要請があれば、他の機材なども提供するとしている。