日テレNEWS
国際
2011年5月3日 22:02

韓国農協のシステム障害は北のサイバーテロ

 韓国で先月、農業組合が運営する金融機関で大規模なシステム障害が発生したが、韓国の捜査当局は3日、このシステム障害が北朝鮮のサイバーテロによって引き起こされたと発表した。

 韓国農協銀行では先月12日、大規模なシステム障害により、3日にわたって預貯金が引き下ろせなくなるなどのトラブルが発生した。その後、システムを担当する職員のパソコンが、システムを破壊するウイルスに感染していたことがわかった。

 検察は3日、北朝鮮のハッキングチームがウイルスに感染させたと発表し、農協銀行のシステム障害は北朝鮮のサイバーテロによって引き起こされたと結論づけた。

 韓国では09年と今年3月にも、政府機関のウェブサイトが北朝鮮によるとみられるサイバー攻撃を受けていて、韓国政府は北朝鮮に対し「無分別なサイバーテロを中断するよう強く促す」としている。