日テレNEWS
国際
2011年6月23日 20:50

露極東にマツダの組み立て工場建造~露政府

 ロシア政府は23日、極東地域に自動車の組み立て工場を造ることで「マツダ」と協定を締結したと発表した。

 これはナビウリナ経済発展相が明らかにしたもので、マツダは8000万ドル(約64億円)を投資し、年間2万5000~5万台の生産を目指す。部品の3割はロシア国内から調達することを義務付けられているが、エンジンは日本から輸入するという。

 日本の自動車メーカーがロシア極東に組み立て工場を持つのは初めてのことだが、具体的な場所や操業の時期などは明らかになっていない。