日テレNEWS
国際
2011年7月7日 21:02

ジブチに自衛隊初の本格的な海外拠点

 アフリカ東部・ジブチで、自衛隊初となる本格的な海外拠点が建設され、7日に開所式典が行われた。

 これは、海上自衛隊が実施しているソマリア沖の海賊対策を強化するためのもの。イラクの陸上自衛隊宿営地などこれまでの海外拠点は短期間の任務を対象としていたが、今回は10年単位での長期滞在を見据えた施設となっている。建設費は約47億円で、施設内には海賊を空から監視するP3C哨戒機の格納庫の他、日本式の風呂や体育館なども備えられている。