日テレNEWS
国際
2011年7月9日 9:35

英大衆紙廃刊 元編集長を盗聴などで逮捕

 イギリスの大衆紙「ニューズ・オブ・ザ・ワールド」が、盗聴疑惑を受けて廃刊する問題で、この新聞の元編集長で今年1月まで首相官邸の報道担当の責任者だった男が8日、盗聴と警官買収の疑いで逮捕された。キャメロン首相は逮捕直前に「起用した責任は全て自分にある」と述べており、今後政権の足元を揺さぶることになりそうだ。