日テレNEWS
国際
2011年7月13日 6:54

仏大統領、アフガン駐留の仏軍千人撤退へ

 フランス・サルコジ大統領は12日、アフガニスタンを訪問し、駐留フランス軍約4000人のうち約1000人を来年末までに撤退させる方針を明らかにした。

 サルコジ大統領は12日、アフガニスタンに駐留しているフランス軍の基地を訪問し、隊員らを激励した。フランスは現在、約4000人の部隊をアフガニスタンに派遣しているが、サルコジ大統領は、演説で「2012年の末までに、全体の4分の1にあたる約1000人を撤退させる」と述べた。

 フランス軍では、この10年間の派兵で計64人が死亡していて、先月、オバマ大統領がアメリカ軍の撤退計画を発表したことを受け、サルコジ大統領もフランス軍を段階的に撤退させる意向を示していた。