日テレNEWS
国際
2011年7月29日 22:27

遺族に倍近い補償金提示 中国高速鉄道事故

遺族に倍近い補償金提示 中国高速鉄道事故
(c)NNN

 中国の高速鉄道の事故で、中国政府が遺族に対してこれまでの倍近い補償金を提示したことが明らかになった。

 事故で重傷だった男性1人が28日に死亡、死者は40人となった。温州の事故現場では、市民らが花を手向け、犠牲者を追悼する姿が見られたが、事故発生から連日、遺族により行われた大きな抗議行動は見られなかった。

 こうした中、事故の補償金について中国政府は遺族に対してこれまでの死者1人あたり50万元から倍増し、91万5000元(約1100万円)を新たに提示した。遺族は「鉄道省から正式な謝罪はなかった。91万5000元という額に満足していません。低いです」と話している。

 補償金の倍増などで政府は早期収拾をはかる構えだが、事故対応に対する遺族の不満は依然、高いままとなっている。